Ripple Fisher GTXpedition 81MH




















リップルフィッシャーの3ピース・パックロッド「GTXpedition」
が新たに生まれ変わります。
昨今の遠征事情を考慮して仕舞寸法は887个僕泙┐弔帖
新しいGTXpeditionは曲がりとパワーを見直し、より3ピースロッドと
しての完成度を高めました。マルチピースロッドとは思えないキャスト
フィール、スムーズなベントカーブによるファイト性能を徹底的に追求し、
2ピースロッドと遜色ない性能を実現しています。
PE6号・8号クラスをラインナップし、GTだけでなくヒラマサの
ボートキャスティングも視野に入れたラインナップです。
更には同じ3ピースモデルであるAquila-EXと組み合わせることで、
PE3〜8号と幅広いゲームをシステマチックに展開することが可能になり、
遠征時におけるゲームの選択肢も大きく広がります。
GTXはある意味、私達の持つ技術の限界に挑戦したとも言えるモデルです。
携行性だけでなく、高次元の使用感とパワーを追求したGTXで進化する
リップルフィッシャーを是非、体感してください。








GTXは海外遠征用モデルとして開発した3ピースモデルですが、
国内でもGTだけでなくヒラマサのキャスティングゲームにも扱いやすい
調子に仕上げてあります。同じPE6号クラスであるアクィラEXとの
使用感の違いで言えば、シャープな振り抜けでスパッと投げる性能が
突出しているのがGTX、細かいルアー操作を駆使したい場合は
アクィラEXがオススメです。またGTXは張りの強いレギュラーな調子ですので
、一定のペースでのロングシャークは非常にやりやすくなっています。







OceanVoyager GTXpedition 81 MH


仕様 8'1" (仕舞寸法887mm) 386g 3PC 印籠継+グリップジョイント 

MAX 180g PE 8 専用セミハード袋付き




国内外の遠征における大型GTをメインターゲットにしたPE8号クラスのマルチピースモデルです。
シャープで高反発なブランクは、大型ダイビングペンシルや抵抗が大きい中口径ポッパー、激しくリーリングするシンキングペンシル等でも軽い力で扱いやすく、ルアーにキレのあるアクションを与え、振り抜けの良いキャストフィールで連投時の負担も軽減します。
81Mよりも更にハリ感を強化した筋肉質なブランクは瞬発力に優れ、スピード感のあるファイトをしやすく、アングラーの意図をそのまま反映したゲーム展開をおこなえます。
もちろん、ロッドの溜めを生かして根回りやシャロー域で耐えながら魚を止めるファイトも可能で、マルチピースの性能の限界に挑戦したリップル渾身の遠征モデルです。











比較対象としてアクィラEX83-6とウルティモ83Mを表示しています。
GTX81MとアクィラEX83-6はどちらもPE6号マックスでロッドパワーで
言えばほぼ同等ですが、ブランクの張りはGTX81Mの方が強くなっています。
これはポッパーメインで使用することを想定しており、ダイビングペンシル
メインならばアクィラEX83-6も選択肢に入ってきます。GTX81MHと
ウルティモ83Mの比較ではパワー的には近いものがありますが、
GTX81MHの方が張りが強くシャープなので、ロッドを左の比較より立てた
場合はGTX81MHの方がパワーを発揮します。GTXシリーズの特性として
シャープなキャストフィールがありますが、ファイト時の高負荷下では
スムーズな曲がりを見せます。

















販売価格 76,000円(税込83,600円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

渡辺 正一 (masaichi watanabe)

私は東京の有名プロショップにて30数年間勤めマネージャーをしておりました。その期間は私にとって貴重で素晴らしい経験でした。私はその会社で蓄積した多数のノウハウを生かしたいと考え、この度、私のウェブショップを始めました。私は他店とは違う点として、次のようなことを心掛けて私のお店を運営しております。それは楽しみに趣を置き釣ることができるタックルやグッズをご紹介したいと思っております。 私は世界各地に友人、知人も多くおります。私も日本中、世界各地に釣行経験もありますから、あなたが行ってみたい場所のこと、あなたが釣ってみたい魚のタックルのこともお気軽に当店へご相談ください。私は釣りラインシステムについて、糸の結び目なども何度も専門誌に掲載した経験があります。何でもお気軽にご質問、ご相談下さい。 I have been working as a manager for over 30 years at a famous pro shop in Tokyo. That period was a precious and wonderful experience for me. I wanted to make use of the numerous know-how accumulated in the company, and I started my web shop this time. As a point different from other shops, I am managing my shop with the following things in mind. I'd like to introduce tackles and goods that can be fished with excitement and looking forward to it. I have many friends and acquaintances around the world. I also have fishing experience all around the world, so please do not hesitate to consult our shop about the places you would like to go and the fish tackles you want to catch. I have experienced posting in the journal many times about the fishing line system, thread knot and so on. Feel free to ask any questions, please contact us.